様々な分野で研究されている成分

多くの人の健康をサポートするサプリメントだけでなく、医療用材料から農業・工業の分野にまでその名を轟かせているキトサン。
これはキチンという物質から抽出されています。
カニやエビの殻から抽出されるイメージの強いキチンですが、それ以外にもキノコや昆虫の表皮からも抽出され、その生物生産は年間で1,000億トンとも言われているのです。
その豊富な資源力から、多くの分野で注目を集めています。

カニ殻からキチンを取り出すためにはカルシウムを酸で溶かさなければいけません。
それからアルカリでタンパク質を除去します。
その後に水洗いをしっかりとするとキチンが取れるのです。
このキチンを濃いアルカリで100度から120度程度の温度で熱を加えるとキトサンが生まれます。
このように、手順を踏まえることが大切なのです。

キチンを使った研究は日夜続けられていますが、最新の研究では「キチンナノファイバー」が注目されています。
こちらは水で均一に分散したジェル状にすることによって多くの有用性が認められています。
キチンと同じようにキトサンでも同じようなことが出来るのではないという期待が寄せられているため、今後も発展が望まれているのです。

キトサンとは | キチン・キトサンの加工方法と歴史を一望!最新キチンナノファイバーまで