見た目も追求するなら横浜の形成外科

形成外科の治療範囲というのは、かなり多岐にわたります。
ケガや火傷による組織欠損やその傷跡の形成治療、ホクロなどの除去やシミを薄くするなどの美容に関わる分野まで及びます。
横浜にある、よこはまもとまちクリニックでは患者さんの想いを尊重し、見た目の回復やキレイさにこだわった治療を行っています。
たとえば、よこはまもとまちクリニックで昔からよく相談があるのが、火傷によるケロイドや顔面損傷、顔面骨折による顔のキズ跡や変形といった症例です。
跡が残ったり、顔が変形したままでも、急性期は脱しており、ケガとしては治っている状態ではあります。
ですが、患者さんが真に求めているのは、痛くないとか化膿しないといった事ではなく、元のようなキレイな皮膚を取り戻したい、元の顔に戻りたいという切実なる願いです。
これをいかに解決し、ケロイドやキズ跡をいかに目立たないようにし、満足の行く状態に治すことができるか、よこはまもとまちクリニックの医師は常に思案し研究を尽くしているのです。
また、近年の相談に多くなっているのが、ピアス外傷です。
ピアスの穴を開けたことで化膿してしまったり、ひどい場合は耳たぶが切れてしまうという症状に陥ることもあります。
年々低年齢化しており、治療を施すだけでなく、いかに正しいピアスとの付き合い方を教えるかも医師は常に考えてくれています。